金銭の借り入れの際に不動産を担保にする方式の金融商品

不動産担保ローン、略して不動産ローンとは、金銭の借り入れの際に不動産を担保にする方式の金融商品です。ローンは、担保を必要とするものと、しないものとがありますが、不動産ローンは担保を必要とするタイプです。クレジットカードについているキャッシング枠を利用して融資を受ける時は、いわば顧客の信用が担保となっているものです。信用貸しの場合は、小口で短期間の融資になることが多いようです。大口の融資はリスクが高いためです。好条件で、大口の融資を希望する場合は、不動産ローンなどの担保を入れた上で、お金を借りるという形が一般的です。不動産ローンの方が貸付条件がいいのは、お金を貸す側から考えれば頷けます。返済が難しくなった場合でも、不動産ローンであればその不動産を売却することによって、金融会社はリスクを最低限にできます。不動産ローンは低金利で貸し付けているため、担保として利用できる不動産を持っている人ならば、非常に使いやすいものです。借入金の使い道は限定されていないので、様々な形で利用することができます。目的型ローンを利用した場合、借入金はその目的以外に使うことはできません。融資金の使い道に幅があることが、不動産ローンの利点です。不動産ローンなら、評価額の高い不動産を担保にすることで、まとまったお金を借りることができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ