ポンドの取引

外国為替市場での取引について、日本の円とイギリスの通貨ポンドは、直接の取引が行なわれない通貨ペアとなっています。ポンドと円の為替取引をする場合には、クロス取引といって間に米ドルを噛ませます。

円を売ってポンドを買うことを例にしますと、円売り・アメリカドル買いの取引と、アメリカドル売り・ポンド買いの取引を同時に行ないます。米ドルやユーロと比べると英ポンドの通貨取引はかなり少ないのも事実です。

どうしても流動性に欠けるといえるでしょう。基本的に英ポンドは金利水準こそ高いものの、非常での流動性が非常に低く、結果的に値動きが荒いという性格があります。英ポンドの為替取引をするときには投機的な通貨だととらえたほうが良いでしょう。

投機的な通貨と言うことですから、ポンドを為替取引する際にはレバレッジを低く抑える必要があります。近年英ポンドの対円レートはサブプライムショックとリーマンショックという2つの金融危機の影響を受けて大きく下落してしまいました。

一方で、欧州債務危機については、ユーロに加盟していないイギリスは直接的影響を受けませんでした。ヨーロッパ諸国に輸出をしている関係で全く影響を受けずに済むというわけではないようです。

欧州経済の低迷は英ポンドの為替レート安を加速させる可能性があるので注意が必要です。英ポンドの為替取引をする場合には、英ポンドの性格や状況をしっかりと把握するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ